9月 2013

手摘み教室

本日は農業青年研究会の皆さんと金谷小学校の3年生とお茶の摘み方教室&農家のお仕事紹介

に参加致しました。

毎年恒例の行事です。

まずはお茶の摘み方から、一芯二葉を丁寧に。

1379562021046

さすがは子供達、要領を覚えるととても早いです

15分程でビニール袋、半分程収穫できました。

続いてはお茶農家の仕事紹介。

1379562029612

こちらもとても真剣に話を聞いて自分なりにメモをとったりしていました。

お茶の町に生まれ育った子供達、この綺麗なお茶畑の光景を一生見ていってもらいたいです。

次世代に伝えなければならない事。

おじさん達は頑張るからね~

1379562038421

最後に質問タイム

これが一番怖い!!

小学生とんでも無い事言ってきます。

この機械いくらですか~?

お茶の芽はなんで出てくるんですか~?

儲かっていますか~?

AKBはだれが好きですか?!

小学生パワーに圧巻された日でしたが、みんなたくさん喜んでくれたので大満足でした。

1379562039449

 

 

栄養補給!!

直撃だった台風18号の被害も無く、順調にお茶の芽も生育しています。

今回の台風は雨、風とも半端なかったです。

台風や風の強いときは葉と葉が擦れて傷になり茶色くなってしまいます。

今回はそれほど酷い所も無く一安心です。

栄養補給と言う事で畑に肥料を散布しています。

1378912854603

魚のカスなどを乾燥させて粉砕した物を散布しています。

1378912858716

微生物が土の中に入りより一層、良い土になるのです。

カツオのふりかけみたいな匂いですよ~

 

 

裾を切っています。

最近は朝晩だいぶ涼しくなってきましたね。

さて、お茶の摘採をする前に必ず行わなければいけない作業。

畑の裾を切ります。

作業前の茶園。

NCM_0357

 

作業後の茶園。

NCM_0360

普段はこのように機械が通る道があるのです。

それが夏場に芽が伸びて道がふさがってしまいます。

実は、この裾を切る作業、結構難しいのです。

無心になり一点を見つめて、感!!で切っていきます

変な事考えてると曲がってしまいます(笑)

綺麗に切れると気持ちがいいです。

曲がっていると摘採機も曲がって行くので品質にも影響してしまうんです。

 

 

秋番茶も一カ月をきりました。

いよいよ今年最後のお茶、秋番茶も一カ月をきりました。

今年は、夏場に雨が少なかったので少しお茶の芽伸びが少ないです。

IMG_1632

これから気温が下がる日が続けば葉も硬化していきます。

IMG_1633

順調にいけば今月末から最後の摘採が始まります。

最近は気温の変化が極端なのでお体の体調管理には

気を付けなければいけませんね。